水でふきとるクレンジング クレンジングローション コントロールケア(医薬部外品)

クレンジング
本体/300ml つめかえ用/270ml

ふきとり
タイプ
W洗顔不要
オイル
フリー
つめかえ

メイクもくすみも落として
うるおい透明肌へ!※古い角質

化粧水由来の保湿性洗浄成分がうるおいを守りながら、メイク油を素早く浮かして包みこみ、メイク汚れだけでなく、くすみの原因となる肌の古い角質もするっと落とします。
コットンでやさしくなでるだけで、濃いアイメイクも毛穴のファンデーションも、そしてくすみまでこすらずするっと落として、使うたび透明感のある肌へ。

クイックフローティング機能のしくみ:化粧品由来のクレンジング成分がメイク汚れを浮かし、くすみの原因となる古い角質もキャッチします。メイクと古い角質を内側に包みこみます。

メイク落としから化粧水まで
コレ一本でカンタン!

化粧水成分からつくったクレンジングローションだから、メイク落としから化粧水までコレ1本!
洗い流さなくてもOK。
コットンに含ませてふき取るタイプ。
上質なうるおい素肌へ導く「浸透型ヒアルロン酸」配合。

こんな時にも便利に使える
水クレンジングローション

  • 疲れて帰って
    すぐに寝たいとき
  • 洗面所に行くのが
    面倒なとき
  • 綿棒に含ませて
    細かい部分の
    メイク直しに
  • 日焼け止め
    落としに
  • 朝の洗顔代わり
  • 肌荒れ・
    大人のニキビを
    気にし始めたら

大人のニキビや肌あれなどの
肌トラブルを防ぐ!

大人のニキビや肌あれなどの肌トラブルを防ぐ2種類の薬用有効成分を配合。
ベタつかないのにみずみずしくうるおって健やかな肌状態を保ちます。

抗炎症成分※1配合
殺菌成分※2配合
浸透型ヒアルロン酸(保湿)配合
※1 グリチルリチン酸ジカリウム
※2 イソプロピルメチルフェノール

  • 低刺激処方

  • 無香料

  • 無着色

  • オイルフリー

  • アルコール
    フリー

  • パラベン
    フリー

アレルギーテスト・パッチテスト・スティンギングテスト済み
※全ての方にアレルギー・皮膚刺激が起こらないわけではありません

使い方

STEP1
コットンを手に取り、クレンジングローションを1枚あたり3プッシュ程度たっぷりと含ませます。
STEP2
まず、目もとや口もとなどのポイントメイクから。ポイントメイクはローションをたっぷり含ませたコットンを、しばらくおいてなじませてからやさしくふき取ります。
STEP3
顔全体はコットンをすべらせるようにやさしくふき取ります。コットンが汚れたら、新しいコットンに取りかえて。
STEP4
コットンに汚れがつかなくなったらメイク落としは終了です。うるおい成分が肌に残るので、洗い流す必要はありません。そのままスキンケアの次のステップに進んでOK。
  • ※ウォータープルーフマスカラは落ちにくい場合があります。その場合は「うる落ち水クレンジング アイメイクアップリムーバー」のご使用をおすすめします。
    「うる落ち水クレンジング アイメイクアップリムーバー」はオイル成分を含んでいます。
  • ※どうしても洗顔したい時は、保湿成分が流れ落ちますので洗顔料などは使わずに、水またはぬるま湯で軽くすすぐことをおすすめします。
  • ※目を閉じて目に入らないように注意し、入ったときや異常を感じたときはすぐに洗い流してください。異常(かすみ等)が残る場合は眼科医へご相談ください。
  • ※まつげエクステをご使用の方はこすり過ぎないようご注意ください。エクステが取れる原因となります。

動画を見る クレンジングローションの
使い方movieを見る

<使用量の目安>

コットン1枚あたり3プッシュ程度
※毎日お使いになると、1本(300ml)で1~1カ月半ご使用いただけます。

コットン1枚あたり3プッシュ

つめかえ方

  1. 詰め替え方1

    パック上部のそそぎ口をしっかり持ち、矢印の方向へ切り取ってください。 ※袋を強く持つと中身が飛び出す恐れがありますのでご注意ください。 ※手で切りにくい場合はハサミでお切りください。

  2. 詰め替え方2

    中身がこぼれないように次の方法でつめかえてください。パックを立てたまま、そそぎ口をボトルをさしこみ、ゆっくりと傾けて入れてください。

  • ※かならず「ビフェスタ クレンジングローション」の同タイプの使用済みボトルに1回で全量をつめかえてください。
  • ※雑菌が入るのを防ぐため、本体容器は洗わずにそのままご使用ください。洗浄した場合はかならずよく乾かしてからつめかえてください。
  • ※水道水や他の製品と混ぜないでください。
  • ※中味をつめかえた後、袋下部の製造記号を控えておいてください(製品のお問い合わせに必要です)。